抗うつ剤の特徴【効果には個人差があるので焦らないこと】

抗うつ剤の特徴【効果には個人差があるので焦らないこと】

薬物療法は効果的

メンズ

症状をよくして再発を防ぐ

仕事や生活に追われる現代人は心の余裕がなくなっている人も多くなっています。そしてストレスが蓄積してうつ病になる人もいるのです。うつ病の症状は不安や恐怖に襲われたり妄想や極度の緊張や眠れないであったりですが、重度になると仕事や日常に支障が出てきます。またうつ病は自然に治癒することはないので治療するには精神科医の診察を受けることです。そして精神科医での治療法には、カウンセリングや薬物療法などがあります。このうち薬物療法はうつ病治療では非常に重要な方法であり、患者は抗うつ剤を処方されることになります。人は誰でも悲しいことや失敗が続くと精神的に落ち込むことはあります。しかし概ね短期間で回復しますが、うつ病になるとその状態が長期間継続してしまうのです。抗うつ剤はそういった精神にダメージを受けた状態を回復して、正常化する役割を持っているのです。抗うつ剤は脳内神経伝達物質に作用して、精神を落ち着かせる効果があります。しかし薬を飲み始めたらからすぐに症状が改善されるということはなく、効果が出るにはある程度の期間は必要となります。飲んで効かないからとやめてしまうとよくなることはないので、最低でも1週間から2週間の間は継続して飲むようにします。また症状が改善したからもういいだろうと途中で飲むのをやめる再発の恐れがあるので医師と相談のうえ、もう大丈夫と言われるまで飲むようします。また患者さんが服用を忘れることもあるので家族は飲むように声をかけるようにします。効果には個人差があるので焦らないことです。抗うつ剤を服用すると脳内神経伝達物質を増加させて、うつ病の症状を改善してくれます。脳内神経伝達物質には不安感情と関連するセロトニンややる気と関係が深いノルアドレナリンや楽しい感情を起こさせるドーパミンなどあります。これらの神経伝達物質はうつ病と深い関係性があるので抗うつ剤を服用することで、脳内環境を整えてうつ病を治していくのです。そして抗うつ剤を継続して使用することで、不安感情が薄れていったり何をする気も起きないような症状にある患者もやる気が少しずつ出てきたりします。それから抗うつ剤にはいくつかのタイプがあるので症状によって使いわけることも必要です。今よく使用されている薬としてまずSSRIがあります。この薬はセロトニンを増加させて、不安感情を減らしてくれる効果があります。次にSNRIと呼ばれる抗うつ剤ですが、セロトニンとノルアドレナリンの両方に働きかけるため、やる気を上げるのに効果的な薬です。また非常に効果があると言われている薬にNaSSAがあります。この薬はセロトニンとノルアドレナリンを増加させてくれて眠れない人には効果があります。さらに昔から薬としては三環系抗うつ薬があります。このタイプの薬は非常に効果があるのですが、便秘や喉が渇くようなこともあるので、医師とよく相談のうえ服用するようにします。それから四環系抗うつ薬は副作用が少なくやる気を起こさせるのには向いています。どの薬も最初は身体が慣れていないので、少しずつ飲んで時間をかけて量を増やすようにします。じっくりと病気と取り組むことです。

錠剤

うつに効果のある薬

不安定になった精神状態に使える抗うつ剤はそのまま買うと高いですが、保険で購入できるので安い費用で利用できます。薬の副作用は使い始めた頃は発生しやすいですけど、慣れてくると段々良くなってくるので安心して使えます。

医者

病気による心のつらさ

精神科や心療内科がある医療施設は、予約が必須のことが多いですが、診察方法は他の診療科とあまり違いはありません。診察を受けてうつ病だと判断されれば、抗うつ剤が処方されますので、ドクターの指示通りに摂取しましょう。

女の人

医薬品やサプリメント

うつ病そのものに効果があるのは抗うつ剤であり、それ以外の医薬品はうつ病の症状を緩和改善させるものです。うつ症状改善サプリメントがありますが、これは予防的に利用するのならば、決して悪いものではありません。